お知らせ

2021年04月14日プレスリリース

AI(ディープラーニング)画像判定を容易に開発できる「MMEye Box」を販売開始~サンプル画像データを社外(クラウド)に出さず、社内で最新のAI画像判定の検証が可能~

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、株式会社YE DIGITAL(福岡県北九州市、代表取締役社長:遠藤 直人 以下、YE DIGITAL)と販売取引契約を締結し、AI画像判定検証をクラウドに持ち出さずに自社で開発できる、オンプレミス検証用ワークステーション「MMEye Box」を2021年4月14日より販売開始します。

2021年04月08日プレスリリース

時系列データ自動分析マシン「CX-M」がIoT 振動診断ソリューションに採用データ分析の作業負荷を軽減

東京エレクトロン デバイス株式会社 (本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之、以下TED)の時系列データ自動分析マシン「CX-M」が、IMV株式会社(本社:大阪府大阪市西淀川区、代表取締役社長:小嶋 淳平、以下 IMV社)製 IoT 振動診断ユニット「ラムダバイブロ」ソリューションに採用されました。

2021年03月31日プレスリリース

時系列データ自動分析マシン「CX-M」がAEモニタリングシステムに採用プレス機計測の大量データの分析作業工数を大幅に削減

東京エレクトロン デバイス株式会社 (本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之、以下TED)の時系列データ自動分析マシン「CX-M」が、信和産業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:伊東 学、以下 信和産業社)製 高速AEモニタリングシステム「EDGE NODE DISCOVERY MG」に採用されました。

2021年02月17日プレスリリース

コロナ禍の訪問サポートを最小限にするフィールドサービスが提供可能産業機器向けリモートサポートサービス「FalconLink on Azure」を開発し、販売を開始

2020年11月30日お知らせ

システムメンテナンスのお知らせ

12月19日(土)は、システムメンテナンスのため、11:00~16:00の時間内で10分程度サービスが停止いたします。システムメンテナンス中は、当社WEBサイトへのアクセスができません。

ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2020年06月30日プレスリリース

食品温度のリモート監視をオールインワンで行う「Cassia IoT 食品温度モニタリングキット」の販売を開始

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、食品温度のリモート監視をオールインワンで行う「Cassia IoT 食品温度モニタリングキット」を2020年6月23日より販売開始します。

2020年06月16日プレスリリース

工場現場の設備の状態監視を容易に実現 AIを活用した予知保全プラットフォーム「CX-D」の販売を開始

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は工場設備の状態監視を容易に実現するAIを活用した予知保全プラットフォーム「CX-D」を開発し、2020年6月16日から販売を開始します。

2020年01月21日プレスリリース

屋内測位ソリューションを簡単に構築できる「Cassiaロケーショニングキット with Azure」の販売を開始

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、三点測位技術に基づいた屋内測位ソリューションを簡単に構築できる「Cassiaロケーショニングキット with Azure」を開発し、2020年1月21 日より販売します。

2020年01月16日プレスリリース

トレンドマイクロと国内販売代理店契約を締結、産業制御システム向けネットワークセキュリティ製品を提供開始

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)はIT環境のセキュリティにおけるリーダーであり、革新的なセキュリティソリューションを提供するトレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 以下、トレンドマイクロ)と国内販売代理店契約を締結し、産業制御システム向けネットワークセキュリティ製品を2020年1月14日から受注を開始します。

2019年12月13日プレスリリース

判別モデルの特徴を可視化し、予知保全と原因分析が可能にマルチカラムモデル生成機能を搭載した「CX-M ver5.0」を販売開始

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、予知保全を実現する異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」に、原因分析を可能にする「マルチカラム(データ合成なし)モデル生成機能」を追加し、「CX-M ver5.0」として12月12日より提供を開始します。

アーカイブ