製品・サービス

通信

Sigfox対応無線モジュール

Sigfoxは、LPWAの通信技術の一つで、免許不要な920MHz帯域を利用して、低コスト・省電力・長距離伝送の実現するIoTネットワークの方式として注目されています。社会インフラや各種生産管理、農業など様々な分野におけるIoT導入に採用されることが期待されています。

Sigfox対応 無線モジュールとは

位置情報、環境モニタ(アナログ/デジタル)、パルス入力、パルスカウントなどプリンストールされたアプリケーションを実装したSigfox対応モジュールはSigfox認証(RCZ3J P1)、日本電波法(ARIB STD-T108)を取得しています。プリントアンテナを内蔵した小型薄型タイプで外部接続のアンテナにより、長距離伝送が可能で外形寸法は4cmm角よりも小さく、小型機器に最適です。

概要

WF923シリーズ

TI社製SoC「CC1310」を搭載したプリントアンテナ内蔵小型・薄型タイプのモジュールです。外部アンテナを接続してお使いいただくタイプと併せて2機種のラインアップがあり、位置情報や環境モニタなどの用途に合わせがアプリケーションが実装されているため、Sigfox対応ネットワークとの通信を容易に実現することが可能です。

使用用途

コンシューマエレクトロニクス機器、水道・ガス等の設備機器、セキュリティ関連機器、見守り関連機器、サプライチェーン関連機器、環境モニタ、など

WF923Gシリーズ

920MHz帯独自方式のロングレンジ通信機能およびSigfox通信を中継する機能が追加Sigfoxゲートウェイ対応モジュール WF923Gシリーズです。本モジュールの中継機能を使用することで、電波が届かない場所でもSigfox通信が可能になります。

中継機能を導入した場合と従来の中継なしの場合の構成比較

ピンチアウトで拡大

エンドデバイスから中継機能へのデータ送信には920MHz帯を使用したSMK社独自方式が採用されています。ATコマンドであれば、エンドデバイスの制御側は、中継あり/なしの違いを意識することなくシステムを開発することが可能です。

使用用途

設備機器、セキュリティ機器、見守り関連機器、環境モニタ等、産業機器全般

製品特長

WF923シリーズ
  • Sigfox RCZ3Jに準拠
  • プリントアンテナを内蔵した小型・薄型タイプのモジュール
  • 自社開発のアプリケーションを実装したSigfoxモジュール
  • Sigfox RCZ3J P1認証、日本電波法(ARIB STD-T108)取得予定
  • 認証作業の軽減に貢献
WF923Gシリーズ
  • エンドデバイスとSigfox基地局間で直接通信できない場合に、本モジュールの中継機能を介してSigfox通信の確立が可能。
  • Sigfox通信モード、エンドデバイスモード、ゲートウェイモードに動作の切り替えが可能。
  • Sigfox通信とSMK独自のロングレンジ通信が可能なコンボモジュール。

製品仕様・規格

ピンチアウトで拡大

Sigfox通信モード
(Sigfox UPLINKのみ)
エンドデバイス+ゲートウェイ
(SMK独自+Sigfox UPLINK)
周波数
923.2MHz (Sigfox)
923.2MHz (Sigfox)
920.8~921.6MHz (SMK社独自)
準拠規格
Sigfox RCZ3J
ARIB STD-T108
Sigfox RCZ3J (Sigfox)
ARIB STD-T108 (Sigfox/SMK社独自)
外形寸法
35mm(W)×20mm(D)×2mm(H)
※コネクタ部含まず
上位インタフェース
UART (Sigfox ATコマンド)
送信出力
+13dBm以下
伝送速度
100bps
100bps (Sigfox)
625bps (SMK社独自)
電源電圧
DC 2.2V ~ 3.8V
消費電流
(VDD=3.3V)
送信時:32mA (typ.)
スタンバイ電流
1μA以下
エンドデバイス:1μA以下
ペイロード長
Max. 12bytes
アンテナタイプ
内蔵(プリントアンテナ)、外付け
動作温度範囲
-20℃ ~ +70℃
認証
Sigfox RCZ3J P1認証(モジュール認証)、電波法:日本(予定)

上記を使ったSigfox評価セットもご用意しています。詳細はお問い合わせください。