セミナー・イベント

エッジコンピューティング時代に向けて
エンジニアがやるべきこと
TED REAL IoTセミナー開催 / 11月22日(木)

IoT/AIをエッジに実装するエンジニアがやるべきことは、提供するサービスを理解し、新たなユーザー体験を勝ち取る為の様々なセンサーやコネクティビティーを選定する力が求められます。


このセミナーではエッジ開発に携わるエンジニアを対象にセンサー・通信・組込モジュール製品・クラウドサービスの各セグメントに関してエッジデバイス開発に役立つ製品を、最新の活用例と共にご紹介します。

概 要

会  期
2018年11月22日(木)
会  場
AP新橋 RoomB
定  員
40名
参 加 費
無料
備  考
定員に達し次第、登録受付終了とさせていただきます

内 容

13:30

受付 / 展示 OPEN

14:00 - 14:10

イントロダクション

長年にわたり組み込みビジネスに関わってきた我々が感じる 国内のIoT開発の現状と、本日の各セッションの概要をご説明いたします。

14:10 - 14:50

システムごとに異なる要件をどうやって超えていくか
多種多様なセンサー群から最適なエッジデバイスを選択

AIやIoTシステムにはセンサーデータがかかせません。
そのセンサーデータをどうデジタルの世界に取り込むか?エッジデバイス側でどこまで処理するか?現場の開発エンジニアがいちから検討していては時間も工数も足りない。 このような課題を多様なセンサーをご紹介し、現場のエンジニアの助けになる方法を解説します。

(デモンストレーション)

  • ・ミリ波センサー
  • ・水位センサー
  • ・サーモパイルセンサー

14:50 - 15:30

AI/IoT機器のコネクティビティに求められる要件は?
現場の組み込みエンジニアの課題を一挙に解決

エッジコンピューティング時代に求められるコネクティビティにどんな性能が必要なのでしょうか。LPWAに代表されるようにLoRa,sigfox、キャリア系無線としてLTE-CATM,NB-IoTと豊富な選択肢がある一方どれを選べばいいのか、という悩みが出ています。広帯域、省電力、双方向、セキュリティなどシステムに応じて最適なものを選択し、開発に組み込んでいくステップを解説します。

(デモンストレーション)

  • ・位置情報モニタリングLoRA
  • ・省電力広域無線sigfox
  • ・キャリア系無線通信LTE-CAT-M
  • ・民生向け最新無線Bluetooth5.0

15:30 - 15:45

休憩

15:45 – 16:25

IoT/AIサービスをいち早く実現するモジュールソリューション

IoT/AIを使ったサービスを実現する上で、完成されたモジュールを使い開発のスピードを速め、早く市場にリリースすることはとても重要です。
このセッションでは、IoTの現場で多くの要望を頂く「外観検査」「音声認識」「距離測位」に活用できる各種モジュール製品をご紹介するとともに、そのデモと事例をご紹介します。

(デモンストレーション)

  • ・外観検査
  • ・音声入力ソリューション
  • ・ToFカメラを用いた人流検知(ピープルカウンター)
  • ・ToFカメラを用いた3次元 物体形状認識・寸法測定

16:25 - 17:05

IoT/AIのエッジ処理を実現するAzure IoT Edgeによるエッジデバイス構築の方法

クラウドを使ったIoTの世界でも、エッジデバイス側でデータ処理や分析を行う 「エッジコンピューティング」に関する期待が高まっています。 その中でMicrosoftのパブリッククラウドであるAzureでは、エッジ向けソリューション 「IoT Edge」をリリースしました。 そのIoT Edgeで実現するエッジ処理を見据えたIoTデバイス・システム構築方法を解説します。

(デモンストレーション)

  • ・Azure IoT Edge 搭載ゲートウェイによる、エッジ処理

17:05 - 17:30

Q&Aと展示

スライドして確認

お申込み手順

  • お申込みは先着順とさせていただきます。
  • 受講申込みは、本WEBページより受付いたします。
  • 受講ご登録後、弊社よりご登録のE-mailアドレスへ「受講票」を送付致します。
  • 登録後 2営業日を経過しても「受講票」がお手元に届かない場合は、本WEBページ文末に記載しておりますセミナー担当までご連絡下さい。
  • 「受講票」は当日にお持ち下さい。

受講申し込み後のキャンセルと受講者変更

  • お申し込み後のキャンセルおよび受講者を変更される場合は、本WEBページ文末に記載しておりますセミナー担当までご連絡下さい。
  • お申込み後の受講者変更は、セミナー開始日当日まで申し受けます。
    受講日程を変更される場合は、変更を希望される日程に空席がある場合に限り申し受けます。

教室への入室時間

  • 教室へは13:30より入室可能です。

受講にあたって

  • テキストのみの配布は行っておりません。
  • 講習内容の録音・録画はご遠慮ください。

セミナーの中止

  • 天災や弊社の都合により本セミナーの開催を延期、もしくは中止させていただくことがありますので予めご了承ください。
    その場合には、セミナ開催1週間(5営業日)前までにご連絡いたします。

本セミナーに関するお問い合わせ先

東京エレクトロン デバイス株式会社

TED REAL IoT セミナー担当