製品・サービス

通信

Bluetooth5.0対応 無線通信モジュール

今後のAI、IoTによる市場拡大が期待されている中で通信機能としてのBLEに対する仕様要求も高くなってきています。従来のウェアラブルデバイスに装着するアプリケーションに加えてLong-Range機能を実装したBluetooth5.0(R)規格に対応することで長距離での通信が可能となります。それによりいままでのLPWAのカバーエリアがBLEにより対応できる新たなケースも出てくることが想定されます。

Bluetooth5.0対応 無線通信モジュールとは

IoTデバイス向けにBluetooth5.0対応 無線通信モジュール「BVMCN52840CFSLR」は、Long-Range機能に対応しており、低消費電力かつ長距離通信の実現が可能となります。また豊富なI/Oピンをサポートしており、多機能化への対応ができます。「BVMCN5210S」は小型パッケージによる低コスト化を実現しています。

サービス概要

・Bluetooth5.0(R)規格に対応したNordic semiconductor社製

Bluetooth Low Energy(BLE)用SoC チップを搭載

 

・Long-Range機能に対応しており、低消費電力、長距離通信が可能

通信距離:街中で100m~200m、見通しの良い海上で1.0km~2.0km

 

・SonicBoard (開発ボード)が用意されており、プログラミング後すぐに通信性能の確認が可能

http://www.products.braveridge.com/sonicboard/

 

・BT SIG認証及び国内電波法認証を取得

サービス特長

■BVMCN52840CFSLR

・豊富なI/Oピンを備えた多機能なBluetooth5.0Long-Rangeに対応した小型モジュール

・サイズ:W:11.0mm D:7.5mm H:1.85mm
・サンプル対応:20個より可能

 

 

■BVMCN5210S

・コストパフォーマンスに優れたBluetooth5.0に対応した小型モジュール

・サイズ:W:8.5mm D:8.5mm H:1.9mm
・サンプル対応:20個より可能

製品仕様・規格

製品仕様・規格