製品情報

A

B

ブレイブリッジ / Bluetooth5.0対応 無線通信モジュール

ブレイブリッジ / Bluetooth5.0対応 無線通信モジュール

今後のAI、IoTによる市場拡大が期待されている中で通信機能としてのBLEに対する仕様要求も高くなってきています。従来のウェアラブルデバイスに装着するアプリケーションに加えてLong-Range機能を実装したBluetooth5.0(R)規格に対応することで長距離での通信が可能となります。それにより今までのLPWAのカバーエリアがBLEにより対応できる新たなケースも出てくることが想定されます。

詳細はこちら

ブレイブリッジ / ドローン用リモートID

ブレイブリッジ / ドローン用リモートID

国交省の無人飛行機の登録義務化に伴い、リモートID機能の機体への搭載が必要となりました。ブレイブリッジ社は無線モジュールや関連商品の開発設計を得意としており、リモートIDには自社製Bluetooth LEモジュール、GNSSモジュールが使われています。今回製品化されたリモートIDは小型・軽量化により産業用、農薬散布用ドローンをはじめ、ホビーラジコンにも搭載されることが期待されています。今後は製品ラインナップを拡充し、基板タイプのほかバッテリーを組み込んだケース内蔵タイプ、小型化タイプ等についても開発を予定しております。

リモートIDモジュールはバッテリーレス仕様の基板タイプのリモートIDで小型軽量化が実現されています。無人航空機の機体内に装着して機体の識別番号、位置情報をBluetooth5.0 Long Rangeにより発信します。

詳細はこちら

ブレイブリッジ / Sigfox対応無線モジュール

ブレイブリッジ / Sigfox対応無線モジュール

Sigfoxは、LPWAの通信技術の一つで、免許不要な920MHz帯域を利用して、低コスト・省電力・長距離伝送を実現するIoTネットワークの方式として注目されています。物流での位置管理サービス、社会インフラや農業などさまざまな分野におけるIoT導入に採用されることが期待されています。SigfoxのオペレーターであるUnaBiz社はオープン化、他のLPWAとの相互運用化を目指しています。

位置情報、環境モニタ(アナログ/デジタル)、パルス入力、パルスカウントなどプリインストールされたアプリケーションを実装したSigfox対応モジュールはSigfox認証(RCZ3c P1)、日本電波法(ARIB STD-T108)を取得しています。

詳細はこちら

C

D

E

F

H

I

L

M

N

P

R

S

T

V

ブレイブリッジ / Bluetooth5.0対応 無線通信モジュール

ブレイブリッジ / Bluetooth5.0対応 無線通信モジュール

今後のAI、IoTによる市場拡大が期待されている中で通信機能としてのBLEに対する仕様要求も高くなってきています。従来のウェアラブルデバイスに装着するアプリケーションに加えてLong-Range機能を実装したBluetooth5.0(R)規格に対応することで長距離での通信が可能となります。それにより今までのLPWAのカバーエリアがBLEにより対応できる新たなケースも出てくることが想定されます。

詳細はこちら

ブレイブリッジ / Sigfox対応無線モジュール

ブレイブリッジ / Sigfox対応無線モジュール

Sigfoxは、LPWAの通信技術の一つで、免許不要な920MHz帯域を利用して、低コスト・省電力・長距離伝送を実現するIoTネットワークの方式として注目されています。物流での位置管理サービス、社会インフラや農業などさまざまな分野におけるIoT導入に採用されることが期待されています。SigfoxのオペレーターであるUnaBiz社はオープン化、他のLPWAとの相互運用化を目指しています。

位置情報、環境モニタ(アナログ/デジタル)、パルス入力、パルスカウントなどプリインストールされたアプリケーションを実装したSigfox対応モジュールはSigfox認証(RCZ3c P1)、日本電波法(ARIB STD-T108)を取得しています。

詳細はこちら

ブレイブリッジ / ドローン用リモートID

ブレイブリッジ / ドローン用リモートID

国交省の無人飛行機の登録義務化に伴い、リモートID機能の機体への搭載が必要となりました。ブレイブリッジ社は無線モジュールや関連商品の開発設計を得意としており、リモートIDには自社製Bluetooth LEモジュール、GNSSモジュールが使われています。今回製品化されたリモートIDは小型・軽量化により産業用、農薬散布用ドローンをはじめ、ホビーラジコンにも搭載されることが期待されています。今後は製品ラインナップを拡充し、基板タイプのほかバッテリーを組み込んだケース内蔵タイプ、小型化タイプ等についても開発を予定しております。

リモートIDモジュールはバッテリーレス仕様の基板タイプのリモートIDで小型軽量化が実現されています。無人航空機の機体内に装着して機体の識別番号、位置情報をBluetooth5.0 Long Rangeにより発信します。

詳細はこちら

お問い合わせ
ページの
先頭へ