私たちが、
目指すべきこと。

徳重 敦之

Atsushi Tokushige

東京エレクトロン デバイス株式会社
代表取締役社長

東京エレクトロンデバイスは、東京エレクトロンの商社部門が独立してできた会社です。

当時、事業部の一つでしかなかった我々の、独立そして株式上場を実現する原動力となったのは、
技術商社としての使命やビジネスモデルを追求し「No.1になりたい」との情熱でありました。

またこれらは、社員が情熱を持ってチャレンジする仕事に対し、
会社全体がバックアップするという企業文化があってこそ実現できたことでもありました。

ここでは、就職を予定されている学生の皆さま、転職を考えておられる皆さまに対し、
我々が目指している会社像や、企業文化についてお伝えしたいと思います。

目指している会社像

我々が目指している会社像の根底にあるのは、お客さまの課題やニーズに対し真摯に、そして誠実に向き合う顧客第一主義です。またそれに関わる社員とご家族の充実であります。当社には「東京エレクトロンデバイスを必ずこのような会社にする」という志があります。

  • 社員が働くことに自信と誇りを持てる会社
  • 社外から共にありたいと思っていただける会社

育んできた企業文化

個々の能力を十分に発揮できる環境で、社員が仲間であるとの認識を持ちながら、変化の早いエレクトロニクス業界において常にチャレンジする意識を持ち続けることが重要であると考えています。

  • 個々の能力に基づいた適切な役割分担
  • 役職や年齢に関係なく議論できる職場
  • 全社レベルでのチームワーク
  • 挑戦する集団

東京エレクトロンデバイスの会社像や企業文化に共感し、
価値ある技術・製品・情報・サービスとお客さまを結びつけ、
新たな価値の創造を一緒に実現しようと考えていただける方々を心より歓迎します。