社員紹介

エンジニア

H.M

インレビアムソリューション | 2012年入社

新しい価値の創造に挑戦する

お客様の要望を形にしていく

私は大学院で情報工学を専攻していてプログラミングを用いた研究をしていたこともあり、ソフトウェアに関わる仕事をしたいと思っていました。
また、お客様を実感できる環境で仕事をしたいとも思っていましたので、将来的には蓄積した技術力でお客様に対する開発コーディネートのような仕事に興味がありました。そうした考えから、商社での技術職に興味を持ち、東京エレクトロンデバイスに入社しました。

初めに配属されたのは設計開発部門の設計・量産受託サービスを担当する部署でした。お客様が開発したい製品(ボードシステムやLSI、ソフトウェアなど)の仕様をヒアリングし、協力会社のエンジニアとともに設計業務を行いお客様に納品するという仕事です。自分で設計業務をすることもありましたが、プロジェクト全体のマネジメントが中心でした。マネジメント業務というと技術とは無関係に感じるかもしれませんが、開発した製品が正しく動作しているかの判断や不具合があった場合の対応、お客様への説明など、幅広い技術の知識がなくてはできない業務で、先輩に調べ方を教えてもらいながら、いろいろな勉強をしました。

また、プロセッサとFPGA(設計者が構成を設定できる集積回路)がワンチップになった新製品を初めて当社の開発に用いることになった時に、その製品の知識を部内の誰も詳しく知らないまま、開発を任されたこともありました。そのような中で製品知識を習得すると、製品について先輩からアドバイスを求められる機会も増えて、技術者としての成長を感じることができました。

現在は自社ブランド商品開発を担当する部署で、IoT(モノのインターネット)に関連するソフトウェアの開発を担当しています。皆さんも耳にしたことがあるかもしれませんが、IoTとは、身近なあらゆるものにセンサーをつけて情報を収集し、インターネット経由でクラウド上にアップロードした情報を分析・活用することで新しいサービスを提供するというものです。私が開発しているのは、センサーから無線で送信されたデータをゲートウェイと呼ばれる装置で受信し、ネットワーク上の特定のサーバーにデータを送信する部分のソフトウェアです。以前とは全く異なる分野の開発ですね。

商社における開発の魅力

商社の開発部門は開発するものがどんどん変わるので、新しい技術や知識を習得する機会が多いです。また、メーカーと比べるとエンジニアの数が少ないこともあり、設計業務、プロジェクトマネジメント、お客様との打合せなど、一人一人の役割が多岐にわたります。エンジニアとして幅広い技術に触れたい、様々な経験を積みたいという人にはとてもいい環境だと思います。
また、営業部門から技術動向や最新デバイスの情報をいち早く得ることができ、高い技術を組み合わせた開発ができることも魅力です。もちろん、どの技術が優れているのかを見極めるためには、自分でも常にアンテナを張って最新技術の勉強していく必要があります。

東京エレクトロンデバイスは、「新しい価値の創造に挑戦する」ことを大切にしています。学生の皆さんの中には、新しいことに挑戦するのは自信がないなと感じる方もいるかもしれません。でも、大丈夫です!新しい製品に出会ったときに「面白そう」と興味を持てる人であれば、自然と挑戦する気持ちが持てるようになります。

エンジニアの1日
  • 9:00 出社
    メールチェック。上司や同僚と進捗報告のミーティングをすることもあります。
  • 10:00 設計開発作業
    開発作業や仕様決定のための打ち合わせを行います。
  • 12:00 昼休み
    同僚と社員食堂にて昼食。大盛り無料です。
  • 13:00 セールスに同行し、設計開発の要求や最新の製品情報をヒアリングします。
  • 15:00 会社に戻って再び設計開発作業。
    あらかじめ立てたスケジュールに沿って進めていきます。
  • 17:00 レビュー
    設計したものを部内で検証し、品質を高めます。
  • 18:00 退社
    時々、会社の同僚や先輩とフットサルやバスケをします。