サステナビリティ

TCFDの提言に沿った情報開示

1.ガバナンス

  • 気候変動に関わる基本方針や重要事項、リスク/機会などの検討・審議については、コーポレート管理統括本部及びグローバルセールス統括本部における関連部署の代表者が「TCFDワーキンググループ」を組成して検討を進めてまいりました。
  • 今後、気候変動リスクを含むサステナビリティに関連する事項については「サステナビリティ委員会」を新たに設置し、この委員会を主軸として取り組んでまいります。(上記のTCFDワーキンググループはサステナビリティ委員会へ移行してまいります。)TCFDワーキンググループで審議、決定していく事項はサステナビリティ委員会が取りまとめ、取締役会に報告してまいります。
  • 取締役会で審議・決定された議案は、各部門に展開され、それぞれの経営計画・事業運営に反映いたします。

2.戦略

  • 中長期的なリスクの一つとして「気候変動」を捉え、関連リスク及び機会を踏まえた戦略と組織のレジリエンスについて検討するため、当社はIEA(国際エネルギー機関)やIPCC(気候変動に関する政府間パネル)による気候変動シナリオ(2℃シナリオ及び4℃シナリオ)を参照し、2040年までの長期的な当社への影響を考察し、EC事業及びPB事業を中心にシナリオ分析を実施いたしました。
    ※2℃シナリオ:気温上昇を最低限に抑えるための規制の強化や市場の変化などの対策が取られるシナリオ
     4℃シナリオ:気温上昇の結果、異常気象などの物理的影響が生じるシナリオ

3.サステナビリティに関するリスク管理

  • 気候変動リスクに関するワーキンググループ(前述の「TCFDワーキンググループ」を指す。)を設置してシナリオ分析を実施いたしました。気候関連リスクの優先順位付けとして、リスク/機会の発生可能性と発生した際の影響を踏まえ、優先度の高い事項に注力して取り組みます。今後は、新たに設置する サステナビリティ委員会において継続的な確認等を行ってまいります。
  • 今後の気候関連リスクの管理プロセスとしては、サステナビリティ委員会及びTCFDワーキンググループを通じて、気候関連リスクに関する分析、対策の立案と推進、進捗管理等を実践していく予定です。この委員会及びワーキンググループで分析・検討した内容は取締役会に適宜報告し、全社で統合したリスク管理を推進してまいります。

4.指標と目標

  • 当社では、環境問題への対応等を考慮し、環境に優しい製品の提供及び汚染の予防をはじめとした各種取り組みを実施しております。
  • 環境への取り組みにおいては気候変動対応を経営上の重要課題と認識し、気候関連問題が経営に及ぼす影響を評価・管理するため、温室効果ガス(CO2)の総排出量を指標として設定する予定です。
  • まずは、東京エレクトロン デバイス株式会社(単体)の温室効果ガス(CO2)の排出量を2023年に開示する予定です。

TCFDシナリオ分析

TCFDシナリオ分析表