投資家の皆様へ

当社のあゆみ

当社のあゆみを掲載しています。

当社のあゆみ

当社のあゆみ

東京エレクトロン時代

1965年

半導体商社としてのスタート

東京エレクトロンで電子部品(フェアチャイルド社など)の販売を開始

1985年

技術力を備えた商社を目指す

設計開発センターを開設し、半導体の開発に注力

東京エレクトロンデバイス設立期

1990年 9月

東京エレクトロンデバイスが誕生

東京エレクトロンで扱っていた電子部品の一部を販売開始

1998年 7月

半導体技術商社として歩みだす

東京エレクトロンから電子部品部門(現在の半導体及び電子デバイス事業)を譲り受け、
半導体商社として本格始動

2003年 3月

東京証券取引所 第二部に上場

東京証券取引所市場第二部に上場(証券コード2760)

事業領域の拡大期

2004年 6月

自社ブランド inrevium(インレビアム) スタート

半導体の「自社商品開発」、「設計業務」をブランド化し、「inrevium(インレビアム)」をスタート
メーカー機能を持つ商社を目指す

2005年 1月

アジア地域向けビジネスの強化

中国・香港に子会社の香港華桑電子有限公司(通称:TED香港)を設立

2006年 10月

コンピュータ・ネットワーク機器の取り扱い開始

東京エレクトロンからコンピュータ・ネットワーク事業(現在のコンピュータシステム関連事業)を承継し、新事業をスタート

2008年 1月

国内及び海外に子会社を設立で商社機能の更なる拡充

シンガポールに子会社のTokyo Electron Device Singapore(通称:TEDシンガポール)を設立
国内販売子会社としてパネトロン株式会社を設立

2010年 12月

東京証券取引所 市場第一部に指定

東京証券取引所市場第二部から第一部に指定

2017年 7月

株式会社アバール長崎(現:東京エレクトロン デバイス長崎株式会社)を連結子会社化

自社ブランドinrevium(インレビアム)で提供する製品の開発・製造面での寄与により、量産受託サービスの拡大を目指す

2018年 8月

株式会社ファーストを連結子会社化

高度な画像処理応用ソリューションを提供することで、画像処理とロボット技術を融合させた新製品の開発を目指す