投資家の皆様へ

セグメント情報

セグメント別業績情報を掲載しています。

セグメント情報

決算年月 30期 31期 32期 33期 34期
2015年3月 2016年3月 2017年3月 2018年3月 2019年3月
半導体及び電子デバイス事業
  売上高 (百万円) 95,415 99,930 115,018 142,076 119,660
セグメント利益 (百万円) 692 782 591 1,619 1,319
コンピュータシステム関連事業
  売上高 (百万円) 15,545 16,248 17,901 17,764 21,340
セグメント利益 (百万円) 1,030 666 846 1,018 1,757
半導体及び電子デバイス事業
半導体及び電子デバイス事業
自動車に搭載される半導体製品は先進運転支援システム等の普及・拡大に伴って増加しているものの、産業機器向けの製品需要は年度後半にかけて減少傾向で推移いたしました。このような状況の中、当社では主要取引先との販売代理店契約解消によるスマートフォンや産業機器向け製品の取り扱いが減少したことなどから、当連結会計年度は売上高119,660百万円(前期比15.8%減)、セグメント利益(経常利益)1,319百万円(前期比18.5%減)となりました。なお、株式取得によって2018年7月から株式会社ファーストが連結子会社となっており、同社の業績等は半導体及び電子デバイス事業に含めております。
コンピューターシステム関連事業
コンピューターシステム関連事業
データセンター市場においては、IoT(モノのインターネット)の普及をはじめとするデータ処理量の増加等により、これらに対応するための設備投資が堅調に推移しており、加えてクラウドを利用する企業の増加によって、日々の運用やセキュリティなどへの課題解決がより一層求められております。当社ではデータセンター関連事業者、官公庁及び金融機関向けに、ストレージ及びネットワーク関連機器の販売が好調に推移し、当連結会計年度は売上高21,340百万円(前期比20.1%増)、セグメント利益(経常利益)1,757百万円(前期比72.7%増)となりました。