ホワイトペーパー

IoT導入に潜む隠れた課題
「データフロー」の開発を効率化させる方法とは?

クラウドのノンプログラミング開発ツールでコストと開発期間を削減

概 要

多くの企業がIoTシステムをビジネスに活用し始めている中、今なお大きな課題と言えるのが、「データフロー」のアプリケーション開発に多くの時間とコストが必要になるということです。利用するデータタイプ、データの収集方法、処理内容がシステム要件によってそれぞれ異なるのに加え、センサーデバイス、ゲートウェイ、クラウドなどのシステム環境ごとにOSや開発言語も異なるため、アプリケーションの設計・開発は容易ではありません。そんな難度の高いアプリケーションの開発を素早く、簡単に実現するソリューションが登場しました。クラウドで提供されるIoT向けノンプログラミング開発ツール、「Connexon(コネクソン)」です。

開発難度が高いデータフローアプリケーション

新しいデバイスや通信環境が次々に登場し、分析処理基盤を提供するクラウドサービスが拡充してきたことで、IoTシステムの構築は以前よりハードルが下がり、ビジネスに活用する企業が急増しています。ただし、依然と企業にとって大きな課題として指摘されるのが、IoTシステムに必要な一連のデータ処理プログラム(データフローアプリケーション)の開発が難しく、開発期間がかかってしまうことです。