製品・サービス

セキュリティ

Zingbox IoT Guardian

センサーやカメラ、家電、自動車など、様々なモノ(デバイス)がインターネットに接続されるようになり、データ通信を実現しています。これらのIoTデバイスは急激に増加しており、2020年には300億個を超えるとも言われています。2016年に発見されたマルウェア「Mirai」によるサイト攻撃のような、IoTデバイスを利用した標的型サイバー攻撃にて甚大な被害が報告されています。しかし、IoTデバイスは「多種多様で膨大にあり、標準化されていない」「省エネ・汎用性を意識した低スペック設計による、リソース不足」などの理由により、有効なセキュリティ対策が実施されていません。

Zingbox IoT Guardianとは

Zingbox社の「Zingbox IoT Guardian」は、IoTデバイスによるデータ通信を独自の機械学習アルゴリズムによって分析し、IoTデバイスの検出・識別・分類・特定を自動的に行います。また、各デバイスの正常時の通信パターンを把握することによって、不審な振る舞いや不正アクセスによる動作を検出し、管理者へのアラート通知を行います。不正通信の通信先を判断できることから、各種のファイアウォールやSIEM(Security Information and Event Management)との連携によるアクセス制御も可能にします。

概要

Zingbox社の「Zingbox IoT Guardian」は、各IoTデバイスの通信経路に設置する仮想アプライアンス「インスペクター」と、クラウド上の機械学習プラットフォーム「Zingbox Cloud」で構成されます。IoTデバイスの通信をミラーポートにてインスペクターがモニタリングし、分析に必要なデータのみを暗号化してリアルタイムにクラウドへ転送します。管理者はZingbox Cloudにて提供される分析結果をブラウザアクセスにて随時確認でき、また、異常検知時を通知メールで知ることができます。

ピンチアウトで拡大

Zingbox IoT Guardianの特長

Zingbox社の「Zingbox IoT Guardian」は既存システムの変更やIoTデバイスへのエージェントなどのソフトウェアのインストールを伴わないため、短時間での容易なセットアップが可能です。Zingbox Cloudには日々大量のIoTデバイスのデータが蓄積されており、70種類以上の分析パラーメータでデバイスを分析するので、デバイスの分析・識別レベルが非常に高いのが特徴です。また、クラウドサービスより提供される管理画面は非常にシンプルで分かりやすく、直感的にIoTデバイスの状況を把握できます。

デバイスの自動識別、リスク分析、保護までシンプルなUIで一元管理
デバイスの自動識別、リスク分析、保護までシンプルなUIで一元管理

ピンチアウトで拡大

ネットワーク上にある全てのIoTデバイスに対応
ネットワーク上にある全てのIoTデバイスに対応

ピンチアウトで拡大

製品仕様・規格

仮想アプライアンス「インスペクター」のデプロイ用サーバ要件※500デバイスまで
CPU 4コア / メモリ8GB / Disk70GB / 物理NIC2 / OS:VMware 6.0以上