商品情報

インターバルゼロ社

インターバルゼロ社

IntervalZero

WEB : http://www.intervalzero.com/

お問い合わせ
取り扱い
カテゴリ
▼全て見る
  • メーカー概要
  • お問い合わせ

メーカー概要

米国マサチューセッツ州に本社を置くインターバルゼロ社は、従来Windowsだけでは実現できなかったリアルタイム処理を実現可能とするWindowsリアルタイム拡張ソリューション”RTX”を提供しています。同社は1980年にVenturCom社として発足し、以来Windowsに関わる最先端のテクノロジーを提供し続けています。最新のRTX64は64bit Windows時代に適合し、画像処理分野への応用も可能です。

主な商品

  • RTX64 (Real-time Extensions)

    リアルタイム処理を目的として開発されたアプリケーションを、使い慣れたWindows環境でリアルタイム動作させることができるWindows拡張機能です。Embedded OSを含むWindows 10までの全てのWindows OSを、タイムクリティカルなアプリケーションで使用できるRTOSにするための拡張機能を提供します。RTOS搭載の拡張ボードやFPGA/DSPを使用する必要があった処理を、RTXソフトウェアに置き換えてコストダウンを図ることができます。

    • 64bit OSに最適合するよう、新設計されたリアルタイムサブシステム
    • 64bit Windows 7(SP1)、Windows Embedded Standard 7(SP1)、Windows 8、WindowsEmbedded 8 Standard、Windows 10 IoT Enterpriseに対応
    • 最大64コア、SMP(対照型マルチプロセッシング)対応
    • リアルタイム画像処理にも適応できる最大128GBのメモリ空間
    • 複雑なドライバモデルを考慮することなく、物理メモリ、1/0に直接アクセス
    • 最小1µ秒精度のタイマーを提供
    • Visual Studio 2015、2017による開発、デバッグをフルサポート
    • マルチコア対応リアルタイムTCP/IPスタック
    • EtherCATスタック対応可能

    刷新されたRTXコントロールパネル

  • 開発環境

    RTXのアプリケーション開発はMicrosoft Visual StudioにRTX SDKをインストールすることで、慣れ親しんだVisual Studio環境でWindowsアプリケーションと同じように開発することができます。

    開発はRTXを動作させるターゲットと同一環境で可能なのはもちろん、ターゲットと別々の環境にインストールして開発することも可能です。RTXアプリケーションのデバッグは、開発環境と同一システムの場合はスタンドアロンで行い、別々のシステムの場合はリモート接続してデバッグすることも可能です。

    利用可能なVisual Studioのバージョンは各RTXのバージョンで異なり、また組み合わせによっては一部動作制限もあります。各RTXバージョンの動作サポートOS、Visual Studio およびプロセッサ等についてはこちらをご覧ください。

    RTX64 Analyzer等Add On Tools&Utilitiesとして用意されておりますので、必要に応じてこちらよりダウンロードしてご利用ください。

  • RTX64対応製品

    Windowsのリアルタイムの市場ではRTX64で利用可能なハードウェアが多く提供されています。 またインタフェースカード では100以上のドライバーが提供されています。
    個々のドライバーの入手につきましては、直接各パートナーへご連絡頂けますようお願い申し上げます。

    EtherCAT

    EtherCATとRTXの組み合わせにより、高次元のリアルタイム制御、センシングが実現可能です。
    RTX64 EtherCAT Masterにつきましては、IntervalZero社関連会社KINGSTARより提供されております。
    また、IntervalZero社海外パートナーからも提供されております。

  • RTX64評価版

    無償評価版は、最新バージョンの製品と同じ内容で期間限定のキットです。
    RTX/RTX64の無償評価版の有効期限は90日間です。
    ご希望のお客様は、以下のIntervalZero社のサイトからリクエスト頂くことで動作に必要な評価用アクティベーションキーを入手できます。インストーラはIntervalZero社のWebサイトよりダウンロードしていただけます。

    無償評価版ソフトウェアのリクエストページ

    評価版リクエストフォームでは、下記製品を選択してください。
    ●RTX64 Evaluation SDK and Runtime Ultimate

    注:
    Webには、32bit版RTX(RTX2016 with Update 3 Evaluation SDK with Runtime Ultimate and TCP/IP)評価版もございますが、Windows 10 IoT OSには対応しておりませんのでご注意ください。
    (対応OS:Windows 7 SP1、Windows Embedded Standard 7 SP1のみ、対応Microsoft Visual Studio:VS2013、VS2015のみ)

    リクエスト後のIntervalZero社からのダウンロードサイトのご案内には時間がかかる場合がございます。2〜3日経っても返答がない場合は、弊社までお問い合わせ下さい。

▲ページトップへ

記載されている会社名、商品名、サービス名は各社の商標又は登録商標です。

Inreviumのご紹介

東京エレクトロンデバイス株式会社では、電子部品商社として長年にわたって培ってきた販売経験、LSI設計・開発経験、有効な技術を有する企業とのアライアンス経験を活用し、お客様の仕様書に基づく設計/量産受託(DMS)と、自社ブランド inrevium 商品の提供を行っております。

つねにお客様のニーズの的確な把握に注力すると共に、半導体メーカーとの緊密なリレーションの構築に努めることにより、ニーズに密着したソリューションのタイムリーな提供と安定供給を実現しています。

特設サイト