セミナー

TED Real IoTセミナー

東京エレクトロンデバイスは、お客様のIoT設計を支援していく、新しいソリューションとして「TED Real IoT」を提供しています。

本セミナーでは、収集したデータを蓄積、分析、活用しビジネス価値を生み出すまでの道筋と、その道を辿るために必要な技術・製品を「データをビジネス価値へ換える道」として、IoT開発を「より早く」、「簡単に」行うための最新情報や、センサーからプロトタイプ支援、IoTクラウドサービスなどIoTのユースケースを基にIoT設計に役立つ情報をご紹介します。

実施要項

会期

2017年 6月16日(金)

場所

AP新橋虎ノ門 NS虎ノ門ビル11階

定員

50名

参加費 無料
備考 定員に達し次第、登録受付終了とさせていただきます
内容
14:30

受付OPEN

15:00 - 15:45

今現場で何が起こっているのか? IoTの活用は現場のモニタリングから

IoTの活用目的において、現場の状況を正確に、確実にモニタリングすることがデータ活用の第一歩になります。
本セッションでは、IoTでモニタリングに必要なセンサー、通信、収集、可視化の選定、構築の進め方をデモ展示や実例を交えてご紹介します。

(デモンストレーション)
・現場の温湿度データを一網打尽!クラウドモニタリングシステム
・高精度振動センシングソリューション
・どこまで見える?安価に遠隔監視を実現するLPWA(Sigfox/LoRa)
・TOFカメラを使用した距離計測
・DynaFlashを用いた動体の三次元計測

15:45 - 16:30

Microsoft Azureで実現するスピード重視のIoT。

MicrosoftはIoTサービスを実現するお客様に対してAzureというクラウドプラットフォームを提供するだけではなく、IoT化を容易にする自社開発のサービスや、パートナーソリューション開発支援に力を入れております。弊社はその各社ソリューションを組み合わせ、お客様のIoT化を加速させるご提案をお話し致します。

(デモンストレーション)
・簡単にIoTを実現するAzure IoT PoCキット
・Azure Gateway SDKを搭載した異常検知デモ

16:30 - 16:45

休憩

16:45 - 17:30

装置の異常検知・故障予測を実現させる確かな道

装置のIoT化を実現させるためには、具体的にどのように開発を進めていくべきか?プロトタイプ開発のポイントを実際のデモンストレーションを交えてご紹介します。

(デモンストレーション)
振動センサーによるモータの異常検知・故障予測デモ

17:35 - 18:00

質疑応答・デモンストレーション展示、個別相談

■お申込み手順

  • ・お申込みは先着順とさせていただきます。
  • ・受講申込みは、本WEBページより受付いたします。
  • ・受講ご登録後、弊社よりご登録のE-mailアドレスへ「受講票」を送付致します。
  • ・登録後 2営業日を経過しても「受講票」がお手元に届かない場合は、本WEBページ文末に記載しておりますセミナー担当までご連絡下さい。
  • ・「受講票」は当日にお持ち下さい。

■受講申し込み後のキャンセルと受講者変更

  • ・お申し込み後のキャンセルおよび受講者を変更される場合は、本WEBページ文末に記載しておりますセミナー担当までご連絡下さい。
  • ・お申込み後の受講者変更は、セミナー開始日当日まで申し受けます。
       受講日程を変更される場合は、変更を希望される日程に空席がある場合に限り申し受けます。

■教室への入室時間

  • ・教室へはセミナー開始30分前より入室可能です。

■受講にあたって

  • ・テキストのみの配布は行っておりません。
  • ・講習内容の録音・録画はご遠慮ください。

■セミナーの中止

  • ・天災や弊社の都合により本セミナーの開催を延期、もしくは中止させていただくことがありますので予めご了承ください。
       その場合には、セミナ開催1週間(5営業日)前までにご連絡致します。


● 本セミナーに関するお問い合わせ先

東京エレクトロン デバイス株式会社

お問い合わせ

IoTに関するご質問やご相談もこちらからどうぞ

ページトップへ