セミナー

TED REAL IoTセミナー

IoTにおける課題は何ですか?

ROIを含む「事業課題」や、収集したデータを蓄積、分析するまでの「実現課題」、収集したデータをどう有効に活用するかという「運用課題」などIoT検討を進めるには多くの課題解決が必要となります。IoTに必要な技術や製品をどのように使うと自社の課題解決に結びつくのか、OT(Operational Technology)とIT(Information Technology)それぞれの立場で出てくる課題を解決し、IoT開発を「より早く」、「簡単に」行うための解決術を4つの事例と共にご紹介します。本セミナーはIoT課題を多くお持ちの方に、現在の検討ステージから1歩前進いただくためのIoT課題解決セミナーです。

実施要項

会期

2017年12月1日(金)

場所

AP新橋虎ノ門 NS虎ノ門ビル11階 ルームA

定員

50名

参加費 無料
備考 定員に達し次第、登録受付終了とさせていただきます
内容 タイトル
13:30

受付OPEN

キーノートスピーチ
キーノートスピーチ 14:00 - 14:15

進まないIoT検討、、、あなたの課題は何ですか?

国内外のIoT取り組み状況と、立場によって想定されるIoT課題についてご紹介します。

解決術1「データ収集の課題」
データ収集の課題 14:15 - 14:45

「価値あるデータをその手に収める」ビジネスを加速するモニタリング術

優れた知見を得るために価値あるデータをどうのように手に入れるか?経験に基づいたデータ収集の課題の解決事例をご紹介します。

(デモンストレーション)

・ToFカメラと人体検知ソフトを用いたピープルカウンター
・「揺れ」から予防保全を実現する遠隔監視キット
・切れない無線 スマートメッシュ
・どこまで届く?省電力無線LPWA(Sigfox / LoRa)

解決術2「解析・分析の課題」
14:45 - 15:15

「必要なのはデータだけ」 AIの開発課題を解決する新しい選択肢

「社内にデータ分析人材がいない」「開発したいが、事前にROIが分からない」「社外にデータは出せない」など、AI開発を進めるためには様々な課題があります。こうした課題に対して新しい解決アプローチをご紹介します。

(デモンストレーション)

テストデータを使った、実際のAI開発のデモンストレーション

15:15 - 15:35

休憩 / 課題アンケート

解決術3「システム化開発の課題」
15:35 - 16:05

無駄のないIoT開発投資には欠かせない開発方法とツールとは

要求仕様の変化が前提のIoT開発にどのように臨むべきか、またそのために必要なサービスや製品は何かを事例を交えてご紹介します。

(デモンストレーション)

ツールを使った簡単に実現できるデータ収集、蓄積、見える化のシステム化実演デモンストレーション

解決術4「システム運用、データ運用、AI運用、セキュリティの課題」
16:05 - 16:35

IoTの運用フェーズを見据えて選択する最適なプラットフォーム/ソリューションとは?

IoTはお客様の重要なデータをお預かりするため、サーバー側とデバイス側それぞれに対してセキュリティー対策を考える必要があります。このセッションでは、IoTに注力しているMicrosoftのクラウドプラットフォーム「Azure」の最新状況、およびデバイス側を見据えた弊社のセキュリティソリューションについてご紹介します。

(デモンストレーション)

IoTデバイスの自動学習/認識を実現。シンプルな管理画面でIoTデバイスを可視化

「IoTにおける課題は何ですか?」課題アンケートの結果公開
16:35 - 16:50

ご来場の皆様にIoT課題についてアンケートをお伺いし、その結果と解決手段を公開いたします。

16:50 - 17:30

質疑応答・デモンストレーション展示、個別相談

■お申込み手順

  • ・お申込みは先着順とさせていただきます。
  • ・受講申込みは、本WEBページより受付いたします。
  • ・受講ご登録後、弊社よりご登録のE-mailアドレスへ「受講票」を送付致します。
  • ・登録後 2営業日を経過しても「受講票」がお手元に届かない場合は、本WEBページ文末に記載しておりますセミナー担当までご連絡下さい。
  • ・「受講票」は当日にお持ち下さい。

■受講申し込み後のキャンセルと受講者変更

  • ・お申し込み後のキャンセルおよび受講者を変更される場合は、本WEBページ文末に記載しておりますセミナー担当までご連絡下さい。
  • ・お申込み後の受講者変更は、セミナー開始日当日まで申し受けます。
       受講日程を変更される場合は、変更を希望される日程に空席がある場合に限り申し受けます。

■教室への入室時間

  • ・教室へは13:30より入室可能です。

■受講にあたって

  • ・テキストのみの配布は行っておりません。
  • ・講習内容の録音・録画はご遠慮ください。

■セミナーの中止

  • ・天災や弊社の都合により本セミナーの開催を延期、もしくは中止させていただくことがありますので予めご了承ください。
       その場合には、セミナ開催1週間(5営業日)前までにご連絡致します。


● 本セミナーに関するお問い合わせ先

東京エレクトロン デバイス株式会社

お問い合わせ

IoTに関するご質問やご相談もこちらからどうぞ

ページトップへ